全てのシークレットをいただき!


ある道具が必要です〜。



第六感の鋭い人は、箱を持っただけで中身が分ります。
重さを感じ、箱を振ってみて、さらに中身が確定されます。


箱が潰れない程度にちょっと押して、中身の感触を得ます。
振ってみて、バラバラか固まりか見分けます。
振った時の、音の違いで見分けます。

トイトレーダー(転売屋)の多くは、この勘が鍛えられています。

しかし、この方法では、明らかに怪しいです。
先日(7月?)もスーパーで、SWボトルキャップのサーチをしていると、
お客さんそれもおじいさんに声をかけられました。
「分るの?」って。(冷汗)

SWは、分りやすかったので、良かったですが、箱に入った物は、なかなか見分けがつきません。
私は、六感が〜。(爆)



箱を傷めず、第三者からも怪しくない、そして、全てのシークレットをサーチ出来るスマートなサーチ法とは!

それは、コンパクトスケール(はかり)を使うことです。

周りのトイトレーダーたちが、持っているコンパクトスケールは、ドイツ製で15000円程度の商品です。

手のひらサイズなので、サーチ(商品を探す)していても、目立ちません。

これなら、お店としても見逃す可能性が高いです。(本当はお店はイヤです)

計りを持っていても、情報(重量)がないとサーチの仕様がありません。
箱買いの友人に、ちょっと計らせて貰いましょう。

アマゾンでコンパクトスケールを見つけました。
150gまで計れます。
匠魂のシャドームーンが約100gですので、そこそこサーチ出来ると思います。




0.1g単位ではかれる、150gまではかれる
●最小表示0.1gの高精度(0.1g×150g)
●見やすく大きい、バックライト付き表示部
●軽量・コンパクト、携帯に便利
●オートパワーオフ
●保護フタ付き
●分銅付き(100g)

ひょう量:150g
最小表示:0.1g
本体寸法:W66×D98×H20mm
計量皿寸法:W60×D64mm
電源:単4乾電池2本


本当に欲しいと願うとき、光が差して来ます。
(デオキシスさんの様に)(最後の方のコメントです)



posted by dango at 11:45 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | シークレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。